栄寿会関東支部2013年度 散策・食彩合同同好会
三保の松原と富士山観光バスツアー
2014年3月19日

 春一番の翌日、天気に恵まれた、2014年3月19日、関東支部2013年度散策・食彩合同同好会(三保の松原と富士山観光バスツアー)を実施しました。 参加者は36名(内夫人10名)でした。 
 これまでは、横浜駅前集合でしたが、東名高速道路に入るまでの時間(車の混雑状況によっては1時間以上かかる場合が多い)を考慮して、今回は、試みとしてJR横浜線「中山駅前」の集合に変更しました。 (車の混雑状況がなくても30分は短縮できるため) 
 定刻の午前9時前には参加者全員が集合したので、 元気なベテラン美人ガイドさんの案内で 東名・横浜町田ICへ向けて出発。 この日の天候は気温15度、出発時は薄曇りだったので富士山が拝めるかが不安。 バスは渋滞もなく、順調に進み、本来であれば、小田原近くの大井・中井あたりで富士の勇姿が拝めるのですが、残念ながら 富士は雲の中。 御殿場の足柄SAを過ぎて、静岡県に入る頃は薄日も差してきて、新東名に入り最初の休憩地、「駿河湾・沼津SA」に予定通りに到着。 ガイドさんは、富士山は、”コノハノサクヤヒメ”が祭神なので、美男子が多いと恥ずかしがって、顔を見せてくれない、とか、お化粧直しに時間がかかっているのでは、と慰めを冗談交じりに話されてはいました。 このSAは最新の設備が導入されていて、トイレは高級ホテル並みでした。 トイレ休憩を済ませ、清水インターから、旧東名へ向かい、国道1号線に降りて、食事処(由比宿)へ向かいました。 予定の12時前には到着。 駿河湾名物の”桜えび”定食(丼定食、そば定食)を、それぞれ戴きながら歓談。 このレストラン「ゆい桜えび館」の窓側には、JR東海道線、東名高速道路、新・旧東海道が眼下に見下ろせ、その先には、駿河湾が穏やかに横たわっていました。 歓談と食事をすませて、1階の「おもしろ宿場館」の見学、「和紙と錦織の館」、「由比正雪の生家」、「由比本陣公園」を散策・見学したり、おみやげ直売所(桜えび、削りぶし)で買い物をしたあと、本命の「三保の松原」へ向かいました。 三保の松原へは予定通りに到着。 バスを降りて松林を抜けて、海岸へ。 気温も上昇して風は多少吹いていましたが、心地よく、コートは不要でした。 集合記念写真の撮影、散策そして、土産店での買い物で1時間はあっという間でした。 帰路も新東名の”下り駿河湾沼津SA”で休憩、駿河湾と三保半島、伊豆半島を一望しながらの夜景も見ることができました。 帰りは厚木あたりから事故渋滞の影響で渋滞があり、海老名SAでトイレ休憩をとり、出発地の中山駅に到着したのは、計画より1時間遅れの8時前でした。 前回に続いて、世界遺産「富士山」を拝むことはできませんでしたが、今回、比較的に天候にも恵まれ、参加者の皆さんは満足されたようです。

【今後の計画】
1.
2014524日(土)栄寿会関東支部「総会」を開催。
2.2014年度6月に歌舞伎観賞を計画中。
3.2014年度予算が確定しだい年間計画を推進し、都度ご連絡いたします。


三保の松原での記念写真(富士は合成です)

羽衣松前での記念社員

日本平ホテル庭園での記念写真

昼食懇談風景

昼食懇談風景

昼食懇談風景




由比正雪生家

日本平ホテルロビー

日本平ホテル

日本平ホテル庭園

日本平ホテル庭園

TOPページに戻る